表札の素材について

表札の素材について

一位・木曽桧・ヒバ/天然銘木にこだわった表札屋

白山銘木表札は天然銘木専門の表札屋です。
このページでは当店で使用する表札の素材について、説明させて頂きます。

最高位を意味する【第一位の】の樹

イチイ(一位)は表札に最も適した素材

イチイの名前は「一位」という最高位の意味です。
昔、神官が君命を拝受する際にシャクを、自分の眼前に掲げそこに君命を間違えないように書き記しました。

当時、君命は第一位に重要なので、その君命を記すシャクにはイチイの木だけが使われたため この木が一位と呼ばれました。

また、そのシャクの長さが一尺だったのでその板が<シャク>と呼ばれました。
関西地方では「アララギ」と呼び高貴な気とされています。 一位は白檀に似た香りのする木です。

神の木 桧

優しさと木の温かみが一番感じられる素材

日本人にとって最も馴染みがあり、また高級素材として認識されているのが檜ではないでしょうか?

檜は神社仏閣の建築に使用される神の木であり、総檜造りの家は日本人の憧れでもあります。
最も強く、また同時に優しいのが特徴で、その風合いや強度、香りにいたるまで、正に最高級の素材の一つと言えます。

日本書紀には「杉と楠木は舟に、檜は宮殿に、マキは棺に使いなさい。」と書かれています。ヒノキは古い時代から宮殿建設用として最適で最高の材となることが、知られていたわけです。

「ひのき」という名は「火の木」の意味で、古代に火おこしに使われたことが語源という説と、尊い木なので最高のものを表す「日」をとって、「日の木」という説もあります。

ヒバのヒノキチオールは桧の10倍

ヒバ材は硬く水気にも強いため、まな板や建築の土台にも使用されています。

表札で使うヒバも硬度が高く、彫るのに時間がかかりますがより耐久性により優れた素材です。枯死しても芯までは腐らないと言われあらゆる表札素材の中でも耐久性に関してはピカイチです。

木肌の美しさと耐久性は一番

ヒバの持つ独特の芳香【ヒノキチオール】には雑菌や害虫を寄せつけない効用があります。ヒノキチオールと聞くと桧に一番多く含まれると思ってしまいますが、実はヒバの方が断然成分量が豊富なのです。

ヒバに含まれるヒノキチオールの量はざっと桧の10倍に及ぶそうです。また見た目にも桧に比べて白く、木目が均一のため美しい仕上がりが期待でき、当店でも一押しの素材です。

白山銘木表札では米ヒバを使用しています

日本のヒバは翌檜(アスナロ)と呼ばれ、青森では<ヒバ>、秋田では<ツガルヒノキ>と呼ばれており、ヒノキ科アスナロ属になります。
当店で使用するヒバは、米ヒバになります。米ヒバはヒノキ科ヒノキ属になります。

青森ヒバも米ヒバも同じヒノキ科であるということから、特徴も酷似していますし、通常見た目だけでは双方の違いを見分けることはできません。

米ヒバは別名<アラスカイエローシダー>と呼ばれており、北アメリカ大陸西海岸沿いの北部が主な産地であり、天然林として管理されています。性質としては、極めて強い耐水性があり、薬剤を使わなくても、白蟻や害虫に対してとてもて強い抵抗力を持っています。

強い耐久性と害虫に対する抵抗性があるため、【外的から家と家族を守る、魔除けの素材】とも呼ばれているのです。

当店では、ヒバの縁起上の性質である「外敵から家を守る」という意味から、よりダイナミックで過酷な大地で生き抜く、強い大地で育った米ヒバが理想と考え、米ヒバを採用しています。