表札は玄関を外から見て右側につけるとよい

表札やネームプレートの取り付け位置についてですが、基本的には外から向かって右側が理想とされています。
しかしこれが全てではありません。

何故なら家を取り巻く環境や玄関の配置、ドア周辺の空きスペースにも影響を及ぼされるからです。

自然の摂理として「自然であるものが尊い」という基本事項があります。
つまりその家に一番フィットし、最も自然に見える、しっくりくるポイントが大吉の取り付け位置なのです。

例えば門から玄関へ行くとき、左から入ってきては、ドアの右に付けた表札は全く見えません。これで自然なのでしょうか?
または右に取り付けるスペースがなく、強引に柱に不自然につけた場合、本当に大吉になるのでしょうか?
よく考えれば分かることで、ご自分で何箇所かに設置してみて、ぴんとくる場所につければよいのです。

優先順位としては、向かって右側にスペースがあり、見た目も自然ならそこにつける。右側が変であれば、他のしっくり感じる場所につければいいのです。