表札と門札の定義

家の玄関の脇に直接貼り付けるのが表札(ひょうさつ)。門の扉の横の壁に貼り付けるのが門札(もんさつ)です。

門は家代々の敷地(土地)を現すために姓(苗字)のみを、家は特定の現存する持ち主ですから姓名を表示する、となるわけです。
この辺がごっちゃになってしまっている場合も確かにありますが、基本路線からこのような話となるのです。

マンションは集合住宅なので、敷地と家が同一のため、基本的にはスペースの現実的理由も踏まえて姓のみとなります。もちろんフルネームでも問題はありませんが、最近の傾向ではあまりフルネームでの表示はしないみたいですね。

マンションだけでなく、個人情報がうるさくなってきた昨今において、なるべく表に表示するものは最小限度に抑える傾向にあります。

このような現実界での意識の変化がありますので、表札のあり方も変わっていくものと思えます。例えば女性だけの家もありありますので、防犯上の理由からフルネームはどうか、ということです。苗字だけなら男性がいるのかもしれませんし、確かに住人の情報全てを表に出す必要はないですからね。