風水表札では木製のみが使われる。その理由とは

表札に使われる素材には、天然銘木以外にも、鉄(アイアン)・ガラス製・ステンレス製・プラスチック製などがあります。

その中でも風水表札・開運表札では天然の銘木のみが吉とされておりますが、実はこれには深い訳があります。

家相学や風水などの占いによれば、表札はその家の運気を左右する大切なものであると教えています。
家相や風水では気の出入り口である玄関の方位を大切にします。玄関が吉ならその家は吉に出やすいのです。
玄関が家の顔であるならば、玄関の顔は表札であると言えます。

表札はその家の玄関を吉にするかどうかで重要な意味合いがあるそうなのです。

風水は自然の流れ・摂理を整えるものですので、大切な玄関に飾る表札は【木製】のものを最高としているのです。表札屋は「売れれば何でもよい。と考えると思いますが、消費者もっと考慮が必要です。

お金を払って運が落ちる素材を買ってしまっては意味がありません。