風水表札は木が一番いいらしい

木の表札はあまり見かけなくなってきましたが、伝統的・正統な表札と言えばやっぱり木製です。

見た目も質感もやはり木が最高ですねー。なんといっても一枚一枚表情が違うところが魅力です。信頼できるお店は表札職人の和風屋ですが、ここは上質な天然銘木のみしか取り扱いしていないので、そこにこだわりを感じます。

★女性セブンの記事に風水建築家のユミリーさん(直居由美里さん)談話が載っていて参考になります。

風水は環境学ですから、家の内側だけでなく、外も整える必要があります。ベランダや庭、ガレージ、門構え、敷地の形なども重要ですが、近隣の住民との関係も家運を大きく左右します。

近隣とトラブルが起こるのは、お互いの性格によることもありますが、風水上の問題によるケースもあります。

まず、家の顔である玄関。近所づきあいがうまくいかない家は、玄関まわりが殺伐としていることが多いのです。回収前のゴミ袋や不用品を玄関先に放置したり、雑草が伸び放題だったり。マンションだったら、雨が上がったのに傘を立てかけたままにしておいたり、子供の遊び道具を出しっ放しにしておくなどです。

テレビで報道されるようなゴミ屋敷ほどひどくなくても、だらしない雰囲気の玄関は社交運に大きなマイナスです。近所の人は無意識のうちに「この家の人とは、あまりおつきあいしたくない」と思うようになり、徐々に関係が悪化していきます。

表札がない家も悪印象を与えます。表札がないと主人不在の象徴となり、その地でしっかり生活する気がない根無し草のようなイメージを持たれます。

表札は木製がベストです。プラスチック製だと火のエネルギーがあり、けんかや対立を招きます。石製もエネルギーが強すぎて、人を跳ね返してしまいます。

風水家はみんな木製の表札を使うみたいですね。