風水表札を熟練職人が真心込めて手作りする”職人のお店”

風水表札とは?

開運の風水表札とは?

伊勢神宮と出雲大社

伝統の開運表札についての解説。家相・風水学から見た表札の真の意味とは?玄関に掲げる表札の影響力、本当の働きを公開!

他のお店との文字や彫りの品格の違いをご覧下さい。開運表札や風水表札といっても質の差はピンキリです。<どこのお店で誰が作った表札なのか>が重要です。名店の技量と品質がここにはあります。

玄関の方位が運を左右する

匠の浮き彫り表札

家相・風水学に於きまして最も重要な要素は玄関であります。

玄関は家の顔であり、一番多く開閉する部位であり、家への【気】の流れの豊富なゆえに一番重要なポイントとなるものです。

良い気も悪い気も玄関から入ってくるので、どの方位に玄関を持ってくるかが家づくりの最重要課題になるくらいです。

例えば玄関を東南方位に持ってくると主人の社会運が爆発的に向上し、出世と信用を得ます。昔から【巽の玄関は最高】と伝えられているように、お店も会社も 個人も発展繁栄するのが東南の玄関であり、主人だけでなく家族全員が持てる力を発揮でき、人生が充実するのです。

いいものも悪いものも玄関から入ってくる

 

(注意)東南の玄関は辰年・巳年生まれの人には凶相となり、また玄関扉が東南の真中を走る四隅線にかかると凶相となる等、素人判断では難しいものがありますのでご注意下さい。
※本格的に家の鑑定をしたり、建築増築には風水・家相の専門家の意見が必要となります。

玄関の方位や干支に限らず、縁起の良い表札を掛けることによって幸運を授かろう、災いを消滅してもらおう、という考えから生まれたのが風水表札になります。

表札は玄関の顔

玄関が家の顔だとすると、表札は玄関の顔と言えます。

表札は家相学的に最も重要な玄関に掲げるものですから、自然の生気が充実した最大吉相の開運表札を選びたいものです。

美しい自然の木に彫られた開運の書体

家相において最大吉相の家は、何と言っても【木の家】です。中でも桧、杉、ヒバ、松等の無垢材が最高であります。集成材が悪いとは言いませんが、無垢の芯持ち材を使用した家には到底かないません。当然です。エネルギーの中枢は木の芯にあるのですから。

最近のマンションでは内装材として無垢材や健康素材をふんだんに使用している業者もあり、マンションに住むのならなるべくそういう所を選びたいものです。

少し脱線しましたが、同じように表札には国産の天然銘木が良く、自然の生気とエネルギーをたっぷりと含んだ素材で作った表札が一番良いと言えるでしょう。

何度も書きますが、表札は家の顔である玄関に掲げる、【玄関の顔】なのです。家の風格を決定付ける大切なものなのです。

表札と門札

門札は門に掛けるものであり、素材は自然素材が一番良いのですが、特に神経質になる必要はありません。 和風・洋風と全体のイメージに合ったものを選ぶのが良いでしょう。ガーデンニングにマッチしたお洒落な門札でも構いません。風雨にさらされるので耐久性を重視してください。

富士と箱根

基本的には門札はその家の【姓】のみで作ります。 家の敷地・土地を表すものですので【姓】を入れるのです。【~家の土地】を示すものとお考え下さい。

これに対して表札は家の玄関に掛けるものであり、その家の主人の【姓名】で作るのが基本です。家族の名前を入れる必要はなく、あくまで家の代表として【主人の姓名】で彫るのです。(※姓のみで作ってはいけない訳ではありません。防犯や様々な理由から姓のみの表札でも問題はありません。あくまでも基本の話です。)

門札はあまり素材を問いませんが、表札は自然の天然銘木で作って下さい。

表札の重要度は上に記した通りであり、玄関と密着したものですから天然素材が良いのです。銘木で作った表札は大変美しく、威厳と風格に満ち満ちたその雄姿は、家のランクを格段に上げてくれることでしょう。 和風でも洋風でもマッチするのが銘木であり、和風に限った事ではありません。洋風にも十分に合います。

なぜ家には木の表札なのか?

実は家そのもののエネルギーと住まう人の霊的エネルギーは融合します。だいたい住み始めて1年くらいすると家相の影響が出始めます。建物のエネルギーと住んでる人のエネルギーに交流が生まれ融合していくのです。だから間取りや素材の吉凶が影響を与えるのです。風水による気の流れだけではありません。

和のテイストは洋風にも合います

門に掛ける門札は、住人とのエネルギー交流は微弱ですので、基本素材は何でもいいのです。しかし家は違います。直接家の中で生活するので、必ず天然木の表札を付けるのが鉄則とも言えます。

ちなみに突然家を壊したり、気抜きをせずに増改築すると家の主人が病気になったりすることがあります。これは、家の損傷と同時に住人の霊的損傷が生じるためです。

表札のない家は安定しない

表札の重要性をもっと理解しよう

表札と門札の違いは上で述べた通りですが、最近では表札のない家が目立ちます。地方ではあまりありませんが、住宅密集地域では、門札はあるが表札がない家も多々見受けられます。敷地が狭いので、門に名前があれば事足りるということでしょうか?現実的利便性から言えばそうですが、しかしこれはあまり関心しません。

風水では表札のない家は【主人が存在しない家】と捉えており、エネルギーが漏れてしまうと言われています。霊的エネルギーの中心がないのですから、家庭に不和が生じる条件となってしまうのです。
どんなに門と玄関が近いからと言って、門札だけで済ませる安易な考えに、魔が入る隙ができるのです。

表札は玄関周りのエネルギーを高める

自然素材の木の表札は、玄関の横に取り付けます。これによって玄関周りのエネルギー磁場が充実し、運気が高まると風水では教えています。
敷地の広さに関係なく、門札と表札は分けて考えるべき理由がここにあります。

表札は玄関のエネルギーを高める働き

  • 門札は利便上、その土地の持ち主を知らせる目的。郵便局や宅急便の配達員、他そこを訪れる人にもどの姓の方が住んでるか分かるようにするために存在しています。
  • 表札は家の玄関を強くし、エネルギーを充実させるために掛けるものです。

この二つを混同してはいけません。だから門札があっても、木製表札を掛けることが大切なのです。

何度も言いますが、風水・家相的に、一番重要な場所が玄関です。玄関から良い運気も悪い運気も入ってきます。だから玄関に木の表札が必要なのです。

表札の交換時期

表札は天然銘木ですので、いずれ交換が必要になります。
目安は10年とされていますが、それ以前でも汚れがひどい場合には交換されるとよいでしょう。南から西にかけての場所で、更に日光が直接当たるようですと5年程でしょうか。

表札は天然白木の上に塗装を幾重にもかけ、水気に強いように仕上げをしていますが、どんなものでもいずれ天然物でしたらヒビが入ったり、割れたり、汚れたりしてきます。 気候条件に左右されるものですが、基本的には5~10年で交換とお考え下さい。

表札は10年で交換。新しい表札が新しい運を与えてくれる

縁起物が壊れる時は、難を引き受けてくれた時であると言われますが、正にその通りで印鑑でも表札でも同じなのです。

天然銘木に名前を彫る事により、その人の分身となるのですから、身代わりになってくれた表札に感謝し、お近くの産土神社や一ノ宮と呼ばれる地域で一番位の高い神社等でお焚き上げするのが正しい扱いであり、心構えであります。

この時もったいないなどとは思わないで下さい。神社から新たなお札を授かってくるようなものとお考え下さい。新しい表札にかえることで家に新しい発展の息吹をいただくのです。形あるものはいつかは寿命が来ますが、新しい物が新しい運気とご縁を運んでくれるのです。

書体は最大吉祥の楷行書で

ヒバ(神戸)

普通の表札屋さんでは、楷書・行書・草書・隷書等いろいろな書体が選べますが、風水表札にはオリジナルの【特別楷行書体】を使用します。

楷行書とは楷書と行書をミックスしたものであり、美しさと優雅さと風格、力強さの全てを兼ね備えた天下無敵の大吉書体なのです。他店の書体見本と比べて見ればその違いがお分かり頂けるでしょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

風水表札なら【白山銘木表札】

  • facebook
  • twitter

白山銘木表札【商品一覧】

<一位>表札 戸建て用   <木曽檜>表札 戸建て用   <ヒバ>表札 戸建て用   <一位>マンション用   <木曽檜>マンション用   <一位>和風モダン   <一位>和風龍馬   デザイン/ギャラリー

表札大辞典

風水表札とは   樹木へのこだわり   表札の素材について   書体見本(フォント)   彫り見本   表札の掛け方   お客様の声/ユーザーレビュー
白山銘木表札はヤフージャパンのカテゴリ登録店舗です。
PAGETOP
Copyright © 白山銘木表札 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.