知っておくと便利!ワードプレスのメリットとデメリット

メリットが多いから人気のワードプレス

無料で利用できるだけでなく、簡単に利用できて完成度が高いホームページを作成できることで大人気のワードプレスは、これからブログやアフィリエイトを始めようかなという人におすすめのソフトウェアです。初心者の人でも使いやすいというメリット以外にも、このソフトにはたくさんのメリットがあります。

ワードプレスは、ネットで探すとWord Pressとしてもたくさんヒットし、日本国内だけではなくて海外でも利用されていることが分かります。

実際にワードプレスは世界各国でホームページ作成においては圧倒的なシェアを持つソフトウェアとして人気がありますし、世界中で作成されているホームページのうち、なんと4分の1はワードプレスを使って作成されたものだとも言われているほどです。大きなシェアを誇るソフトウェアだからこそ、メリットとデメリットを理解して、上手に使いこなしたいものです。

人気の理由は拡張性

ワードプレスのメリットをいくつかご紹介しましょう。まず1つ目には、高い拡張性が挙げられます。

このソフトウェアは、あらかじめ準備されているテンプレートをそのまま使っても、完成度の高いホームページを作ることができます。しかし、すでにHTMLやCSSなどホームページ作成に関するプログラミング言語についてのスキルや知識がある人にとっては、無料で提供されているテンプレートをそのまま使うということに対しては物足りなさを感じるかもしれません。

ワードプレスには、使用する人のスキルレベルに合わせて拡張できる機能が充実しています。つまり、そのまま使ってももちろんOKだけれど、スキルがある人にはカスタマイズしたり拡張機能を搭載することも簡単にできるというメリットがあるのです。

2つ目のメリットは、無料で利用できるという点があります。テンプレートの中には有料タイプのものがあったり、機能によっては有料となるものもありますが、無料にこだわりたいユーザーにとっては、無料でも十分に使い勝手が良いホームページを作成することが可能です。基本的にワードプレスを使った作業では、プログラミング言語などは一切必要ありません。

こんなデメリットも知っておきたい

使い勝手が良くて無料、しかも初心者にとっても使いやすいというメリットが魅力のワードプレスですが、実際に使ってみると意外なデメリットを実感することが少なくありません。

まず、個人のブログやアフィリエイト目的のホームページなどを作るなら、特別なプログラミング知識がなくても比較的満足できる完成度のものを作ることが可能です。しかし、プロ仕様のホームページを作ろうとなると、残念ながらワードプレスだけでは難しくなってしまいます。

このソフトはスキルがある人が拡張することを前提としたシンプルな構造になっているため、HTMLやCSS、そしてPHPなどの言語を理解している人たちが機能を拡張することによって、より完成度が高くプロの仕上がりへと近づくことができます。

また、ワードプレスが提供する無料のテンプレートは基本的に素人をターゲットとしています。個人のブログなどはトップページが素人っぽくても問題はないでしょう。しかし、企業のホームページとなると、素人っぽいホームページでは集客力が減ってしまうばかりか、企業にとってもマイナスのイメージとなってしまうかもしれません。

プロの仕上がりを目指すなら、ワードプレスの機能を使いながらも、デザイン面でのスキルやセンスなども高いレベルのものが求められることになります。

また、SEO対策についても、ワードプレスではユーザー自身がシッカリと意識をした対策が求められます。無料でラインナップされているテンプレートの中には、SEO対策を意識したものもありますが、それだけで十分というわけではありません。特に上位ページへの検索表示が重要な課題となっている企業などでは、ワードプレスだけに頼ることなくシッカリと自身でSEO対策を行うことが必要です。

導入をプロに任せるのもアリ

ホームページやブログなどでは、ある程度の枠組みや基本的なデザインを固定したら、その後は中身となるコンテンツを増やすという作業だけが必要になるケースが少なくありません。そのため、ワードプレスを使いながらプロ仕様のブログやホームページを作りたいと考えるなら、最初の導入に関しては業者へ依頼するという方法もアリです。

ある程度の枠組みができれば、変更したり追加する箇所はわずかとなるわけですし、集客力や完成度という点でも申し分ないでしょう。

また、こうした制作会社の中には、個人ユーザーを対象にして保守やメンテナンスなどにも対応してくれる業者がたくさんあります。もしも本格的なアフィリエイトで長期間にわたって収入アップを図りたいなら、業者を上手に活用する方法も検討してみてはいかがでしょうか。