ワードプレスにはデメリットはあるのか?ブログサービスとの違いは?

多くの人に利用されているワードプレスは自由度が高い

ホームページやブログを作成するためのソフトウエアはたくさん出ています。

どれも、それほどHTMLコードに関する知識がなくても、文章を入力して写真やイラストを挿入していけば、簡単に美しいページを作っていけるという特徴を持っています。

その中でもワードプレスは、機能性やカスタマイズ性が高いため人気が高く、現在ではホームページ作成のプロでもメインに使用しているほどです。

基本的なポイントとして、簡単にページを作成して更新ができるので、よりブログに向いているという特徴が挙げられます。

もちろん、企業サイトのような固定サイトを作るのも楽なのですが、頻繁に更新したり新しいページを追加していったりすることが得意なので、ブログのスタイルにより向いていると言えます。

これは一般的なブロガーはもちろんのこと、アフィリエイターにも利点となります。
アフィリエイトサイトは、アクセスやコンバージョン率によって定期的にページを手直ししたり、情報を最新のものに変えていったりすることが多いからです。

こうしたことから、ジャンルを問わず多くの人に利用されているのがワードプレスの持っている高い利便性の証だと言えるでしょう。

ワードプレスのメリットとは?

こうした特徴を持つワードプレスは、様々なメリットを持っています。

まず、ホームページビルダーやAdobe Dreamweaver等の他のホームページ作成ソフトに比べると、自由度が非常に高いということを挙げられます。

ワードプレスでは、デザインや機能のテンプレートを設けていて、テンプレートを選ぶだけで自由にスタイルを変えていくことができます。

パソコン用とスマホ用に見る人の環境によって自動的にデザインが切り替わる、レスポンシブ対応にデザインを変えることもできますし、細かなデザインの位置決めもできます。

テンプレートを使用していると言っても、自分なりにかなり変更を加えられますので、自分だけのオリジナルサイトにすることができるというのは魅力的です。

また、追加できる機能が非常に多く、したいと思うことはほぼなんでもできるというのもワードプレスならではの良さです。

ブログの中に投票機能を設けたり、アフィリエイトサイトにダイレクト購入画面を設けてクレジット決済機能を埋め込んだりするというのも可能です。

自分でプログラムすることもできますし、公表されているプラグインをインストールすることで、ほぼ手間いらずで高い機能を入れることもできます。

公開されているプラグインを見てみると、こんな機能まであるのか?と思えるようなものもたくさんありますし、たくさんの人が使っている分、疑問解決も楽というメリットがあります。
ワードプレスを使う上で何か分からないことがあったら、インターネット上で検索すればすぐに解決策を見つけることができます。

世界中の人が、こうした質問をアップし、有志がそれに答えるというコミュニティーができあがっているのはとても心強いですね。

全くホームページ作成をしたことがないという人でも、こうした情報をネット上で得ながらやっていけば、誰でも立派なサイトを作れるようになります。

ワードプレスにもデメリットはあるのか?

このように、たくさんのメリットがあるワードプレスですが、デメリットはあるのか気になるところですね。

まず、無料サービスですので電話サポートなどの利用者向けの窓口はありません。何かしらのトラブルが生じたり、分からないことがあったら、全部自分で解決しなくてはなりません。

とはいえ、たいていのトラブル解決や疑問については、ネット上にたくさんの情報が出ていますので、ちょっと検索すれば答えを見つけられることがほとんどです。

また、サーバーやドメインの手続きについては自分でしないといけないという部分もあります。

ワードプレスはあくまでもホームページ作成のための無料ソフトウエアですので、サーバーやドメインの提供や手続きといったサービスはしていません。

ここがレンタルサーバーやブログサービスなどで提供しているホームページ作成ソフトと違うところです。(この辺りは自分でホームページを作成するに当たり前のことであり、デメリットとは言えないかもしれませんね)

また、より高度なサイトにしたいと思ったらプログラミングの知識が求められるという場合もあります。

ワードプレスは簡単にいろいろなデザイン、機能を作れるのが自慢ですが、次第にもっとカスタマイズしたいと思うようになってきた場合、既存のものでは足りなくなり、CSSやPHPなどの言語を使う必要が出てくる場合もあります。

しかしその場合でも、有料のワードプレステーマを購入すれば解決できることも多々ありますので、基本的には初心者から企業ホームページも含めて、余程のこだわりがない限り、ワードプレスは万能に対応してくれると思います。

よって、デメリットらしいデメリットがないのが、ワードプレスと言えます。