ノンホモジナイズの牛乳

以前のブログでホモジナイズ処理された牛乳の悪影響をお伝えいたしました。

スーパーマーケットで販売されている牛乳はほとんど100%ホモジナイズ処理されています。処理されていない昔ながらの安全な牛乳はノンホモジナイズ牛乳と呼ばれ、略してノンホモ牛乳として売られています。

私の家の近くには有機・無農薬・無添加にこだわったレストランがあり、そこで出されるノンホモ牛乳には【四季 むかしの牛乳】が使われています。
これはノンホモ・低温殺菌の安全な美味しい牛乳なので、私も有機レストランに行く際にはたまに飲んだりしています。
通販でも販売されていますので、牛乳がどうしても飲みたい方はお試し下さい。大手メーカーの危険な牛乳とは全く違います。その代わり高いですが、市販の牛乳で癌になって苦しむより全然よいのではないでしょうか?

ところでホモジナイズ処理とは撹拌処理することによって分子を細かくします。これによって成分が均等になるため、見た目は安定します。その時に劇薬も使うみたいですが。。。

昔の牛乳は放っておくと成分が分離して浮いてきましたが、それがなくなるんですね。つまり自然の状態ではない、ということです。不自然=危険、なんですね。