実印の働きと人生に対する影響力とは

印鑑は人の運勢に影響を与えます。

そして実印・銀行印・認印の中でももっとも強力に運気に影響を与えるのが実印です。

よく「実印は使わないから」とかの理由で実印を持たない人も多いのですが、これは大変な問題です。

実印がないということは運勢を支えるバックボーンがないということなのです。

これでは運は開きません。いくら銀行印や認印を持っていてもその力を出すことが難しくなるのです。

実印は書類上でのその人そのものを意味します。つまり契約の場において、または様々な約束事や文書の世界においての自分自身を意味するのです。ですから実印が貧弱ですとその人の評価も貧弱で大した評価を受けることができません。つまり相手にされないというか、出世からも遠ざかります。

三文判を持つと三文判の人生と、昔から言われているように、立派な実印を持つと信頼感が上がり、実力も発揮し、正しい評価、またはそれ以上の引立てを受けて人生が開いていくものです。