今や時代はエコ的な意識を求めている

自動車販売のベスト10というようなものをよく見ますが、最近は本当に変化が顕著に出ています。
一昔前までは一位はカローラ、クラウンやマークⅡやミニバンなどが当たり前でしたが、現在はほとんどが軽自動車やエコカーが占めています。

やはり不況ののせいでしょうか?人々の意識や価値観がゴージャス感や乗り心地よりも燃費に移行しているのがハッキリと見受けられます。お財布の紐が堅くなり車の販売台数も軒並み下がっているようですね。。

ところで人は自分の財政面を考えてエコカーを選ぶわけですが、地球もそろそろ限界に来ているのではないでしょうか?

もはや人は燃費の悪い車には興味ありません。環境に悪い車にも興味ありません。
メーカーには急転換となりますが、やはりエコ技術を駆使して地球にも懐にも優しい車の開発を急いでいただきたいですよね!

エコにもいろいろありますが、まずは燃費ですね。ハイブリッドやプラグインハイブリッド、電気自動車やクリーンディーゼルですか。そういう車以外は走らない世の中はもうすぐだと思います。