魂の故郷、伊勢神宮詣の日記

先週末に、伊勢神宮に参拝に行ってまいりました。久しぶりのお伊勢参りです。昔の人は「一生に一度はお伊勢参りを」ということで、人生をかけて日本中から参拝に来たそうですね。

伊勢神宮には正しい参拝の仕方があります。その正しい順序に習って、最初は外宮に、続いて内宮にお参りさせていただきました。
外宮でのお祈りは身の回りのことを整えてもらうために、自分のことをお祈りしてよいそうですが、内宮ではただひたすら感謝するのがよろしいようです。内宮は特に神聖な神域ですので、ぐちゃぐちゃとした欲望をぶつける場所ではありません。

数年前に式年遷宮のための寄付をさせていただいておりましたので、参宮証を頂いておりましたので、御垣内での参拝ができました。

御垣内に入るには正式な作法にのっとり、正装で行く必要があります。

荘厳な雰囲気の中、大きな玉砂利を一つ一つ踏みしめながら、清々しいお参りとなりました。
一年に一度は伊勢神宮に参り、大自然の息吹と大神のご加護を頂きたいものです。