浦和学院も監督で負けた?!

監督の力量は試合の全てを左右するものです。高校野球でも全国大会のベスト16にて印象的な試合がありました。

前日優勝候補の大阪桐蔭がエース藤浪を休ませ、藤波抜きで快勝!ベスト8入りを決めていました。

ベスト8では大阪桐蔭と対戦する予定だった浦和学院は、真似をしたのか?または次の試合に全てを賭けたのか?エース佐藤を温存し、その結果2年生ピッチャーが打ち込まれ、負けを喫したのです。

相手は強豪天理。本気で行かなければいけない相手でした。佐藤を休ませるのは悪い方法ではありません。しかし初めて当番の選手をここで使うのは荷が重かったはずです。
私なら快勝した1.2回戦のどこかで継投させ、馴らしておいたはずです。そうできたならうまくいったかもしれません。

はっきりいって、力は浦和学院の方が上でした。しかし森監督の采配で負けたのです。
浦和学院はいっつもこんな感じで全国大会では勝てないのです。力は十分にあるのですが。。。