なでしこジャパンのワールドカップ準決勝

なでしこジャパンがブラジルとのワールドカップの準決勝で2-0で完封勝利しました。

サッカーの試合においては、2-0のスコアなら完全勝利といえます。

しかしブラジル側の試合後のコメントには残念な思いがしました。ブラジル代表の監督は守備的な戦いを非難し、エースのマルタにいたっては「内容では自分たちが勝っていた」などとの負け惜しみです。

たしかにボール支配率ではブラジルが圧倒していました。しかし勝負は得点であり、支配率ではありません。特にサッカーの戦術としては何処の国もどこのクラブでも、相手によって使っている戦略であり、攻めるのみの作戦は逆に知能のないばかな闘い方であるといってもおかしくはありません。

守備を重視し、カウンターを狙うは立派な戦術です。しかも2-0は完全勝利です。

ブラジル選手・監督の人間性の低さにはがっかりしました。スポーツマン精神のかけらもありませんでした。自分が負けたからといって相手をたたえることをせずに、逆に非難をする。人間として問題と言えるでしょう。