民主党の野田総理により増税法案が。。。

増税法案が可決しましたが、実際に増税後の国民負担がテレビで取りざたされると、「ええーー」と今更に思う人がいるのではないでしょうか?私は最初から分かっていましたから断固反対の立場でした。

野田総理は社会保障のための増税だと、そのためを強調していますが、実際には無理な話なのです。
社会保障は何も変わりません。

結局は公務員の給料が安泰になるだけです。税金によって儲かる、楽になる人たちが喜ぶだけです。

議員の数を半分にし、公務員の数を半分にし、さらに税収がプラスになるまで、公務員のボーナスと退職金をカットして初めて増税が生きるのです。民間企業は、利益からボーナスや退職金を頂きます。赤字ならカットされます。

なぜ税収がマイナスなのに、公務員の収入だけは安泰なのでしょうか?税収がマイナスなうちは、当然公務員のボーナスはないはずなのです。

矛盾だらけの日本から、海外へのマネー避難が相次いでいます。本物の政治家があらわれることを祈ります。