SEO対策について勉強しようー検索エンジンを最適化する方法

SEO対策とは検索エンジン最適化のこと

アフィリエイトを行っていく上では、より多くの人に閲覧してもらい、PV数を稼いでいかなければなりません。

そのためには検索エンジンで検索をおこなった場合に、ブログやサイトが他より上位に表示された方が有利な訳ですが、そのために行っていく対策のことをSEO対策と言います。

検索結果の上位に表示されることは濃いユーザーやより多くの人の目に留まることに繋がるので、アフィリエイトで成功をしていくためにはSEO対策は避けて通れない道と言えるでしょう。しかしSEO対策で難しいのは、対策を行ったからといって必ずしも結果に繋がるわけでは無いという点です。

SEO業界は一昔前に比べるとホワイトカラーになってきていますが、いまだに上位に表示される順位の定義は明確になっていません。

SEO対策として昨日まで有効だったものは今日は無効になっているというようなことも多いため、対策については常に情報収集を行っていくことが大切になります。

良いコンテンツを作ることがSEO対策に繋がっていく

検索エンジンの中でもより多くの人に利用されているものと言えばGoogleですが、GoogleのためのSEO対策としては良いコンテンツを作っていくことが最良の方法だと言われています。

近年のGoogleは良いコンテンツを検索上位に表示する傾向にあり、逆にスパムサイトには警告を繰り返しているため、キーワードを多く使用して検索に引っかかりやすくする、サテライトサイトを自作自演するといった方法を取るよりも、単純に良いコンテンツを作る努力をしていった方がSEO対策として有意義なのです。

ワードプレスを利用してブログ、サイトを作るのであれば様々なツールを自由に組み込むことはもちろんデザインもよりこだわりをもった方が良いのですから、まずはコンテンツの質を上げていくことに力を注いでいくべきと言えるでしょう。

そもそもGoogleは広告収入によって成り立っている企業ですから、検索を行った際に質の良い情報を提供してくれるコンテンツが上位に表示されないと一般のユーザーに見限られてしまいます。

Google自体が広告主を得るためにも上位表示にはユーザーが求める情報を提供してくれる質の高いページを優先して表示していくことになりますから、この仕組みについてはよく理解をしておきましょう。

キャッチーなタイトルを付けることは大切

SEO対策を考えていく上では、ブログやサイトの記事につけるタイトルについても良く考えていかなければなりません。

質の良い情報を発信するコンテンツと判断され検索結果上位に表示されたとしても、そのタイトルが魅力的でなければ閲覧者は他の記事をクリックしてしまいます。

SEO対策とタイトルは一見関係無いように思えますが、見た人がクリックしたくなるような魅力あるタイトルをつけることは閲覧の伸びに大きく影響を及ぼしますし、タイトルはそもそも検索上位表示への判断の材料ともなるものなので、新しく記事やページを追加する際には見る人が自分の求めている情報だと興味を引くようなキャッチーなものをつけていくようにしましょう。

またタイトルが良いとソーシャルメディアなどで拡散される率も高くなり、閲覧数が爆発的に跳ね上がる可能性も出てきます。

ページ表示が遅いと表示順位に影響する

検索エンジンの表示結果には、ページの表示速度も大きく影響してきます。

クリックしたページの表示の速度が遅いと待ちきれずにブラウザを閉じてしまうことはよくあり、表示速度は離脱率に大変な影響を及ぼすものなのです。せっかく情報の質の良いコンテンツを作っても表示速度が遅いせいで検索順位が下位になってしまってはもったいないですから、これについては甘く考えてはいけないのです。

ページの表示が遅くなってしまう理由については、画像や動画などの素材のサイズが大きい、サーバーが遅いといったことが主となりやすいです。

画像や動画は圧縮してファイルサイズに気をつける、より高性能のサーバーを利用するといった気遣いをするだけでも表示速度はぐんと速くなり、それによって検索の表示順位も変わってきますから、ページを作る際には情報の質と共に充分気をつけていけるようにしましょう。

文章内に適度に検索キーワードを盛り込んでいく

作った記事を読んでもらうためには、記事の文章の中に検索されやすいキーワードを適度に盛り込んでいくことも大切です。

例えばお腹のダイエットに関する記事を書いた場合、文章内にダイエットやお腹といった文字が入っていなければ、当然検索エンジンで検索をかけた際のヒット率は下がってしまいます。

しかしだからとってやたらむやみにキーワードを盛り込んでしまうと、検索エンジン側にコンテンツの質が低いと判断され表示順位を下げられてしまいます。

適度なバランスを保つためには文章の文字数の2~5%程度にとどめることが大切なので、記事を書く際はよく心得ておきましょう。