そもそもアフィリエイトって何なのか?【超初心者向けの講義】

企業や商品の購入を後押しするアフィリエイト

アフィリエイトとは、もともと「提携する」とか「参加する」という意味を持つ英語の単語です。

アフィリエイトという商法では、何らかの商品やサービスを販売したい企業が、主にウェブサイトを持つ人に依頼して広告を貼ってもらいます。
そのウェブ広告をクリックして企業の商品ページに入ることで、顧客を確保して購入につなげることができます。

広告を張ってもらい、そこから購入に結びついたものについて、広告料もしくは販売マージンとして広告を貼っているウェブの運営者に一定の報酬を支払うことになります。これが、アフィリエイトの大まかな仕組みです。

商品やサービスを販売したい企業と広告を貼るウェブ運営者とが提携して、広告による販売促進をすることになります。
こうした提携関係がある、また販売網の中に参加するということで、この商法をアフィリエイトと呼んでいるのです。

現代においては、インターネットを使った販売というのは非常にポピュラーなものとなっています。多くの人がパソコンやスマホを使って商品を探し購入します。

そのため、企業としてもいかに広告を効果的に貼るかということが、商品の売れ行きを左右するものとなるのです。

ひと昔前であれば、広告を出す先というのは新聞やテレビ、ラジオ、雑誌、新聞の折り込みなど、大きなメディアしか利用することができず、大企業に広告を入れるのが普通でした。

しかし、今ではある程度の知識があれば、誰でも自分のブログやホームページに広告を出すことができますので、広告出稿の裾野が大きく広がっているのです。

アフィリエイトで報酬を得る主な流れ

アフィリエイター、つまりアフィリエイトで収入を得ようとする人は、自分でホームページもしくはブログを作る必要があります。
そして、そのページの中に企業が販売する何らかの商品やサービスの広告を貼ることになります。

しかし、大企業ならいざ知らず、個人のところに企業が広告を貼らせてほしいとオファーしてくることなどありません。そこで、企業とアフィリエイターをつなぐ役目をするサービスがあります。それをASPと呼びます。

このサービスでは、広告を出したいという企業から広告ロゴやリンク先のURLなどの情報を得ると共に、報酬単価や広告を貼る期間、広告を貼ってほしいウェブの条件などの情報を得ます。

そして、その情報に基づいて、サービスに登録しているアフィリエイターに、こんな広告があり、報酬はいくらになるということを通知して広告を貼ってくれるサイトを募集するのです。

アフィリエイトはASPが提供する広告用のバナーとリンク先のURLを自分のサイトに貼り付けます。そして、このサイトを訪れた読者がバナーをクリックして、提携先の企業のホームページに行くことになります。

このリンクは基本的に一度、ASPのプログラムを経由してから企業の商品ページなどに行くようになっています。そのため、読者がバナーをクリックしたことなどを確実にカウントすることができるのです。

このデータに基づいて、どのアフィリエイターから何回提携先の企業のところに行ったかが分かるようになり、報酬が決められるというわけです。

バナーをクリックするだけで入る報酬と購入することで得られる報酬がある

このように、基本的な流れは上記のように、自分のサイトにある広告を読者がクリックして提携先の企業に行くことで報酬が発生します。

しかし、もう少し詳しく見ると、報酬が発生するのには二つの異なる条件があるのです。

一つは単純に読者が広告バナーをクリックして企業のホームページに行くだけで報酬が発生するというものです。
このクリック制の報酬だと、読者のクリックだけでいいので、難度は低く報酬に結びつく可能性は高くなります。

しかし、クリックされたから商品の購入がなされるとは限りませんので、1回ごとの報酬は低くなります。ものによってかなり異なりますが、1クリック当たり0.2円から1円程度というケースもあります。とにかく数を稼ぐことで収入を得る必要があります。

一方で、広告バナーをクリックするだけでは報酬が発生しないタイプもあります。
提携先の商品ページに行って、商品を購入して初めて報酬が生まれるという仕組みです。

これだと、たとえ商品ページに行ったとしても訪問者が購入まで至るとは限りませんので、難度はずっと高くなります。しかし、企業から見れば確実に商品を販売できた上で報酬を支払うわけですから、多少マージンを高くしても問題はありません。

そのため、この成果報酬型の広告の場合は、一度に数百円から数千円、中には一度の購入で万を超える報酬が支払われることがあります。

このように、どちらのタイプにもメリットデメリットがありますので、より効果的な手法を選ぶこと、そしてそのタイプに応じたページ作りをすることが大事になってきます。