アフィリエイトに無料ブログではなくワードプレスを利用した方が良い理由

無料ブログはいつサービスが終わってしまうかわからない

無料ブログでもアフィリエイトを行っていくことはできますが、amebaブログやFC2ブログなどはいつサービスが終わってしまうかもわかりません。

アフィリエイトが軌道に乗ってきたところでサービスが終了となればまた一から閲覧者の獲得に乗り出さなければならなくなるため、積み重ねてきた努力がゼロになってしまうことも珍しくないのです。サービスが終了する前にまた別の無料ブログに移動するという方法もありますが、無料ブログの場合はよほどコアなファンでなければ移動先までついてきてくれることが難しいので、サービス終了のリスクを抱えていることというのはとても大きいです。

安定した土壌で長くアフィリエイトに取り組んでいくためには、ワードプレスを利用して揺らぐことの無い活動場所を確保していった方が間違いがありません。

ネットで検索した際の表示順位が低い

アフィリエイトを行う際は、より多くの人の目に留まるということがとても大切になってきます。人目に止まらなければアフィリエイトの広告をクリックしてもらえる可能性も低くなるため、できる限り閲覧数を稼げるよう努力していかなければなりませんが、その際、無料ブログはネットで検索をした時の表示順位が非常に低いという問題があるのです。

検索順位は信頼性の高い独自ドメインの方が上位に表示されやすく、無料ブログは自分ではSEO対策も行えないため検索結果の2ページ目以降にならないと表示されないといったことも珍しくありません。

独自ドメインのアフィリエイトブログに比べると圧倒的に不利となるため、賢くアフィリエイトを行っていくためにはやはりワードプレスと有料サーバーの組み合わせでブログ作成に勤しんでいった方が正解と言えます。

無料ブログはブログ内ランキングなどのシステムもあることから、上位に食い込むことで人目に付きやすく閲覧者も得やすいといったメリットはありますが、普段無料ブログを利用している人の目にしかそもそも触れないので全体数の数が限られてくるのです。

デザインのカスタマイズの自由度が低い

より魅力的なアフィリエイトブログを作り上げるためには、ブログのデザインにもこだわっていく必要があります。見やすくおしゃれなデザインのブログの方が当然閲覧者にも評判は良く特定のファンを獲得していきやすくなりますが、無料ブログの場合にはデザインのカスタマイズも決められたテンプレートを利用するしか無いので自由度はとても低いと言えるのです。

一方でワードプレスはゼロから自分の好みでブログをデザインしていくことができます。必要なツールのみを組み込み、配置できるので、自分の希望を妥協することなくデザインに取り組んでいくことが可能です。

その一方でページのデザインテーマを変える際には、わざわざ1ページずつ変更を行っていく必要が無く、一括で全てのページのテーマ変更を行うことができます。自由なのに便利というとても優れた使い方ができる点は、無料ブログとは比較にならないワードプレスの魅力と言えるでしょう。

無料ブログは広告は自身のページに関係無いコンテンツが入る

無料ブログはアカウントさえ作ればすぐに利用できるという魅力がありますが、無料である代わりに自身のブログには関係無い広告やブログランキングなどのコンテンツがページに表示されることになります。

広告やランキングなどは比較的閲覧者の目に留まりやすい場所に表示されることから、自分のブログに来てくれた人が内容を見ずにそちらに誘導されてしまうリスクも含んでいると言えます。

広告は有料で消すこともできますが、無料ブログを利用しながら広告を消すことにお金を払うのもおかしな話ですし、そう考えるとやはりアフィリエイトを行う場所として選択するのにはベストとは言い難いのです。

ワードプレスは自分が見せたいと思う情報のみを上手にカスタマイズ、表示していくことができますし、余計な広告が表示されるようなこともありません。自分のブログに来てくれた人を他に流してしまう可能性を無くせるというのは、非常に大きなことと言えます。

ワードプレスは自由度が高いのに更新が簡単

自分でブログを作成するとなると難しくて初心者にはできないと思いがちですが、ワードプレスはオープンソースで使い方がネットに数多公開されていることから、初心者でも少し学べば簡単に自分好みのブログを作成することができます。

一度基本を学んでしまえばあとは難しいことは無く、デザインなども簡単にカスタマイズしていくことができます。自由なデザインで好きなようにブログ作りができる一方で、更新は管理画面であっという間に行うことができます。

無料ブログの使い方を学ぶ手間で使い方を学んでしまえばワードプレスの方が圧倒的に便利かつ有意義に使っていけますから、賢くこれを活用していけるようにしましょう。